Touit 2.8/12

何を隠そう私がフジXシリーズを使い始めた時(2013年12月)、一番最初に購入したレンズが「Touit 2.8/12」なのです。そんなこともあって「Touit 2.8/12」には個人的にとても思い入れがあります。

因みに(以前も書いたと思いますが)「Touit 」の発音は「トゥーイット」。英語の「Do it」と音の響きが類似しているというのは有名な話。

このレンズで最初に撮った写真(^o^)
1212運動公園X-E20053
X-E2  with  Touit 2.8/12       F5.6 1/250s ISO500

超広角レンズの縦構図が結構好きかもww
1212運動公園X-E20032
X-E2  with  Touit 2.8/12    F5.6 1/480s ISO400

当時の私は手ブレに対して(それはもう強迫観念的に)細心の注意を払っていたような気がします。にしては、この写真かよ(笑)

そんな私に、X-H1は手ブレからの解放と自由な構図をもたらしてくれました(^_-)-☆
最短撮影距離18cmの威力~

X-H1 with Touit 2.8/12  F3.6 1/14000s ISO800 Provia

細かい描写を確認するために、HDR風にレタッチしてみました。従来モヤッとなっていた松の葉のディテールが見事に解像しているのが確認できますね(*^^*)

X-H1 with Touit 2.8/12  F7.1 1/2200s ISO800 Provia


下のグラフはPhotozoneによる「Touit 2.8/12」の解像試験の結果(X-E1使用)
開放から素晴らしい解像を示しています。1600万画素のX-E1を使用した結果なので、2430万画素のX-H1を使えばもっと良い数値が出るのは間違いないです。
Touit12
出典:Photozone

気が付くと「Touit 2.8/12」は私の所有機材の中で一番の古株になっていました。コンビを組んだカメラはX-H1で実に10台目w(゚o゚)w オオー!

X-T20 with XF18-55mm  26.5mm F7.1 1/680s ISO400 Pro-Neg.Hi

例えカメラが新しくなっても、このレンズを手放すことは暫く無さそうです。


おまけ。気持ちの良い雨上がりをテオくんと一緒に楽しみました^_^

X-H1 with Touit 2.8/12   F7.1 1/1250s ISO800 Provia

ではでは(^_^)/~

狂犬病予防接種

恒例の狂犬病予防接種を受けてきました。テオくんの場合は健康診断も兼ねて、毎年かかりつけの動物病院で済ませています。ついでに「フィラリア」と「ダニ」の予防薬も処方してもらいましたよ(*^^*)

フィラリアとダニの予防が一緒になった新しい薬。なんて合理的なんだろうwww
0420投稿T20X4371

「フィラリア」感染の有無については血液検査で簡単に判定できます。
もちろんテオくんは「フィラリア」陰性でしたが、同時に測定した肝機能値のひとつが再び異常値を示してしまい、例の酒飲みサラリーマン御用達「ウルソ」を服用しなくてはいけなくなりました(;´д`)トホホ…

中年おやじの常備薬「ウルソ」。胆汁分泌促進効果が期待できるU^ェ^Uゝワン!
ウルソ
X-T2 with Touit 2.8/50M  F5.0 1/125s ISO1250 Pro-Neg.Hi

まあしかし、あくまで予防的な投薬なのであまり悲観的になる必要はありません。言わば、虫歯予防のための歯みがきや足腰強化のための毎日のお散歩と同じように考えれば良いわけですからね(*^^*)

暫くは超ボジティブシンキングで投薬を続けていこうと思います。

狂犬病ワクチンを接種するともらえるプレート。正式な呼称は「狂犬病予防注射済票」というらしい。

青がまだピッカピカな今年のプレート(左)。そして、もとは赤かった去年のプレート(左)。一年間テオくんの首輪に付けっぱなしだったため、色がほとんど剥げてしまいました。ホントにご苦労さまでした(^o^)
0420投稿FXH14161

ということでテオくんの新学期がいよいよスタートしたって感じですね\(^o^)/

おまけ。テオくん地方では桜の花に続いて、果実の花が一斉に咲き始めます。
これは洋梨の花。この一枚をフランス語風に言うと「La France fleurs et Teo

X-H1 with XF80mmMacro  F8.0 1/1400s ISO800 Astia

それでは皆さん、良い週末をお過ごし下さい(^_^)/~







たまには雨もいいものですね

冷たい雨と強い風に襲われた昨日のテオくん地方。

晴れ専門カメラマンの私にとって最も苦手なシチュエーション。機材は防塵防滴でも使用者がWR(Weather Resistant)仕様じゃないので…(ToT)

そんな悪天候の中、練習を兼ねて雨降り撮影に挑戦してみました。といっても拙宅内の庭ですけどね。

それにしても快晴の時と随分見え方が違うので、フィルムシミュレーションの選択と露出でかなり迷ってしまいました(フラッシュ使用)。

X-H1 with XF16-55mm  20.6mm F7.1 1/18s ISO200 Provia

うちの椿は上部が赤、下部には白い花が咲きます。これって人間だと二重人格ってこと?
肝心の写真ですが、もっとアンダーに撮るべきだったと猛省中。

X-H1 with XF16-55mm  55mm F2.8 1/170s ISO200 Provia

芝桜。本当は画面奥まで咲き乱れていたのですが、テオくんがオシッコをするので枯れてしまいました^^;

X-H1 with XF16-55mm  35.3mm F6.4 1/40s ISO200 Provia

たまには雨もいいもんですね(*^^*)晴れていたら設定でこんなに悩んだりしませんから~

こういう時、富士フイルムのカメラだと肉眼で被写体を観察しながらダイヤルによる調整ができるので大いに助かります。何より、レリーズまでのこうした一連のアナログ的手続きがとっても楽しいのです(*^^*)

なんて偉そうなこと言っちゃいましたが、写真はご覧のように冴えないモノばかりでした。唯一の収穫は1枚目の手持ち写真。SS1/18sでしっかり撮れたことが今後X-H1を使う上で大きな自信になりました\(^o^)/

近い将来、ナイトスナップとかに挑戦してみるのも有りですよね(*^^*)

おまけ。散った花びらは雨が綺麗に流してくれますよ。

X-T20 with XF18-55mm  44.4mm F4.0 1/900s ISO400 Pro-Neg.Hi

ということで、今夜はこれにておやすみなさい~(-_-)zzz

X-H1で甦ったレンズたち XF56mmF1.2編

X-H1の導入で生まれ変わったのは何もXF16-55mmやXF90mmだけではありません。
XF56mmF1.2R APDもまたX-H1によって新たな命を授けられたレンズの代表格といえます。

X-H1 & XF56mmF1.2R APD 
0420カメラレンズT20X4361

これらのレンズたちが生まれ変われたのは、もちろんX-H1に搭載されたIBISによるところが大きいのは言うまでもありません。ただX-H1の場合、それだけではなく「理想的なボディサイズと深いグリップ」や「衝撃の少ないシャッターユニット」など総合的なボディクオリティを向上させたことにより、もともとが相当高かったXFレンズのポテンシャルを最大限引き出せるようになったのではないかと思います。

ポートレートでXF56mmF1.2R APDを使うと大抵はそれっぽく上手に撮れてしまうのですが、これが花撮影となると難易度が俄然上がります。最大の理由は寄れないこと(最短70cm、最大0.09倍)。ましてや手ブレなどによるピン甘は絶対許されません。

X-H1はしっかりグリップができるので、強風下の手持ち撮影でも安定感は抜群です。このことが心にゆとりをもたらしてくれるので、その結果F1.2という薄いピントでも容易に捕らえることができました(*^^*)
我ながら解像とボケの対比が上手く表現できたと思います(例によって自画自賛)。

X-H1 with XF56mmAPD  F1.2 1/10000s ISO200 Pro-Neg.Hi

DRを400%にして高階調=低コントラストの設定。その分少し絞りこんで、ピント面を強調してみました。
拙宅内で唯一豪華絢爛と呼べる満開の椿。不安定な姿勢での手持ち撮影にもかかわらず、IBISのおかげで安定したピントが得られました。

X-H1 with XF56mmAPD  F2.8 1/640s ISO800 Pro-Neg.Std

どこにピンをもっていけば一番立体感がでるのか?迷いに迷った末の一枚。

X-H1 with XF56mmAPD  F1.2 1/640s ISO800 Astia

XF56mmAPDが最も得意なポトレ。EVFを覗きながら、背景残しに注意をしただけ。
はい!ポーズ^_^

X-H1 with XF56mmAPD  F2.0 1/25000s ISO800 Velvia

というわけで、X-H1との組み合わせで5軸5段以上の手ブレ補正効果が期待できる「XF56mmF1.2R APD」の紹介でした。

おまけ。テオくん、このレンズを使う時は名前を呼ばなくてもしっかりカメラ目線をしてくれますよ(笑)

X-H1 with XF56mmAPD  F1.2 1/20000s ISO400 Provia

それでは皆さん、おやすみなさい(-_-)zzz

葉桜とヒヨドリ

桜が完全に散ってしまう前に慌てて鳥を狙ってみました。

散り際と言うことで、鳥さんを見つけるのはとても簡単^_^

X-H1 with XF100-400mm  323.2mm F8.0 1/1100s ISO400 Pro-Neg.Hi

いったい何をツツイているのでしょうか?

X-H1 with XF100-400mm  400mm F9.0 1/280s ISO400 Pro-Neg.Hi

なんかヒヨドリばかりじゃね??

X-H1 with XF100-400mm  400mm F8.0 1/350s ISO400 Pro-Neg.Hi

結局、この日はヒヨドリしか撮れませんでした(ToT)

X-H1 with XF100-400mm  400mm F7.1 1/450s ISO400 Pro-Neg.Hi

数日前の雨が影響して、駒沢川の桜も既に葉桜状態。

X-H1 with XF16-55mm  55mm F8.0 1/800s ISO800 Provia

その代りと言ってはなんですが、オトメツバキの美人姉妹を(^o^)

X-H1 with XF16-55mm  55mm F2.8 1/420s ISO200 Provia

黄色いチューリップと朽ちかけのヒヤシンス

X-H1 with XF100-400mm  400mm F5.6 1/800s ISO400 Pro-Neg.Hi

おまけ。ボクはまだまだ朽ちませんよ(๑•̀o•́๑)۶ 

X-H1 with XF100-400mm  183.1mm F5.0 1/900s ISO400 Pro-Neg.Hi

おやすみなさい~(-_-)zzz
カテゴリー
編集